ーーー 表示中のページ内記事リスト ーーー

青森ねぶた2017 古川地域ねぶた祭り実行委員会

wj20170803_46762
■古川地域ねぶた祭り実行委員会(8/3日運行)
wj20170803_46770
題名:文覚と不動明王 
もんがくとふどうみょうおう
wj20170803_46760

wj20170803_46771

wj20170803_46774

青森ねぶた2017 浦町地域子供ねぶた会

wk20170802_45770
■浦町地域子供ねぶた会(8/2運行)
wk20170802_45776
題名:張順 水門を破る 
ちょうじゅん すいもんをやぶる
wk20170802_45767

wk20170802_45783

青森ねぶた2017 桜川団地轟音桜組

wl20170803_46815
■桜川団地轟音桜組(8/3運行)
wl20170803_46827
題名:桜川誕生 堤ヶ浦の栄華 堤弾正 
さくらがわたんじょう つつみがうらのえいが つつみだんじょう
wl20170803_46820

wl20170803_46821

wl20170803_46834

wl20170803_46835

青森ねぶた2017 藤本建設 出世大太鼓

xa20170804_46932
■藤本建設 出世大太鼓(4・5日)
xa20170804_46929

xa20170805_47908

xa20170805_47914

xa20170805_47919

青森ねぶた2017 県立青森工業高校 担ぎねぶた

xb20170802_45873
■県立青森工業高校 担ぎねぶた
(8/2・3・4日)
xb20170803_46839
題名:「蓮華寺の蛙合戦」
れんげじのかえるがっせん
xb20170803_46843
題名:浪岡伝説「一戸三之助、妖狐退治 豆坂の妖狐退治」
なみおかでんせつ いちのへさんのすけ ようこたいじ まめさかのようきつねたいじ
xb20170804_46909

xb20170804_46914

xb20170804_46923

xb20170803_46849


青森ねぶた2017 ミスねぶた

yi20170803_45946
パレードでは今年のミスねぶたが車で先導している
選出資格は県出身or県内在住で、18歳〜28歳の未婚女性、だそうだ
yi20170803_45949
ミスねぶたグランプリは山内蘭子(やまうちらんこ)さん、
ミスねぶたには三潟愛子(みかたあいこ)さん、荒川千佳(あらかわちか)さん
yi20170802_44914

2017年のねぶた祭り その個人的感想

yh20170724_44451
毎年行われるイベントであってもその様子や受ける印象もさまざま
記憶の新しいうちに2017年のねぶた祭を振り返ってみよう。

まずはお天気
当初、停滞する台風次第でどうなることかとも思われたが
なんとか全期間、雨の心配はせず過ごすことができた。
8月には珍しいほどの冷たい風が吹く晩もあり、上着なしではつらいほど。
7月は北国でも30度を超える暑い日々が続いたというのに
暦と季節がずれていくような感覚さえある

yh20170724_44442
今年は直前まで天候不良(洪水警報だの)も影響したようで
7月20日すぎても台上げ(運行する台座にねぶたを載せる)はまだであった
(写真は7/24)
yh20170729_44494
もちろん祭り本番前にはどこも仕上げは無事完了(こちらは7/29)


そして前夜祭。
ここ数年は大型ねぶたを製作小屋から出して展示していたが
ボヤ火災があったとかで縮小気味の展示となっていた
火事の影響かどうかは不明だが
前夜祭の混雑は例年にないほどで、身動きの取れない時間帯もあったほどだ

yh20170802_44894
それでも祭り当日になってみれば大きな事故もなく
天気と曜日並びにも恵まれ、前年を6万人上回る282万人の動員となったそうだ
いつもなら2〜4日はいろいろと余裕があるものだが
今年はハネトも予想以上に連日ぎっしりな団体が珍しくなかった
そのせいなのか?運行が進まずじっと止まったままの時間が長く
後半はなんだか急ぎ足で通過してしまう団体もあって、そのあたりは残念

観客席も変わってきたようだ
今までの団体ツアーに加え、グループ単位の個人客や外国人も増えた
自撮り棒を振りかざしたり、1升瓶を持ち込んで本気の酒盛りをする人達もいて
まあ雰囲気がなじめないと感じたら移動してしまうのがよいのだろう

ねぶたに関しては今年はよくいえば粒揃い、
本音をいえば「おおこれは」というインパクトがちょっと足らない印象
とはいえ
全方向完全無欠なんてものはどんなものでもむしろつまらない
もっとすごいねぶたがみたい
それを翌年のモチベーションにつなげたいと思う

yh20170806_49146

アスパム内のねぶた

yd20170724_44452
観光物産館アスパムを入るとすぐに小型のねぶたがお出迎え
yd20170724_44454
お披露目期間の短いのがねぶたの儚さであるが
大型施設にこうして飾られるものも増えてきた
yd20170724_44455

盛夏近づく青森

yb20170724_44434
街のあちこちに金魚ねぶたが飾られるようになると夏を感じる

yf20170729_44527
7月中旬をすぎると祭り用品の臨時ブースも開設される

yf20170729_44524
囃子の笛は3000〜6000円、鉦は8000〜1万もするらしい

yf20170729_44529
昨今は関連グッズも豊富になってきたようだ

yf20170729_44530
跳人(ハネト)になるには貸衣装が3000円前後から
このあたりの相場はずっと変わっていないような気がする

青森空港のねぶた

ya20170616_44425a
青森空港の到着ロビーにあるねぶた
題名「那須与一」制作者は板垣大地
ya20170616_44426

INTERVAL

20170517_44385b

遺憾ながら2016年の記事は途中で更新が止まってしまった。
すでに季節は夏、2017年の祭が始まっている
不足分は後に手入れするということで一時中断する。
今年は息切れせずに更新するのが目標

20170517_44354b

青森ねぶた2016 ヤマト運輸ねぶた実行委員会 その1/3

ra20160803_41117
■団体名:ヤマト運輸ねぶた実行委員会
題名:俵籐太と竜神 たわらのとうたとりゅうじん
制作者:北村隆 きたむらたかし
<知事賞・2位> <運行・跳人賞><優秀制作者賞>
ra20160805_42091

ra20160801_39589

ra20160801_39493

ra20160801_39594

ra20160803_41107

ra20160801_39505

ra20160803_41102

ra20160725_39231